<< 鍋でご飯を炊いてみよう(炊飯) | main | 我が家の衣類収納 >>

我が家の夏の節電2011【まとめ】

JUGEMテーマ:家庭


10月に入り、我が家も着々と冬支度に向けて進んでいます。

振り返れば、2011年も暑い夏でした。

今年は、震災による影響のため、私自身、「皆の貴重な資源を大切に、皆と一緒に節電しよう」という意識が非常に強い年となりました。

【2011年夏 我が家の主な節電】

・非電化掃除
これは、季節関係なく実践していますが、お掃除ツールは非電化。モップ、ほうき、フローリングワイパー、ぞうきんを使っています。掃除機使用の場合は1000w前後消費します。
(掃除機を使う場合、電力需要が多くなる平日日中の9時〜20時は避け、朝9時前の使用が望ましいと思います)

・買い物時間を、電力需要ピーク時間にシフト
一日の中で、夏の電力需要のピークだったのが13時〜15時。ピークカットのため、あえてその時間帯は家の電気を切り、外出(買い物)するように心がけました。

・ウォータージャグで冷蔵庫の開閉を減らす
夏は積極的な水分補給が必要。だけど、その都度、冷蔵庫を開けて取り出していては、開閉の回数が増え、消費電力量も多くなります。開閉を減らすため、ウォータージャグ(保冷ポット)に冷たい麦茶を作り置きして、冷蔵庫の開閉回数を減らしました。
 
・料理時、冷蔵庫の開閉を減らす
料理を作る際、冷蔵庫から出す食材は、まとめて一度にすべて出して、開閉の回数を減らしました。

・消費電力の高いアイロンの変わりに、しわ伸ばしスプレー
アイロンの消費電力は1200w前後。高温の熱で消毒させたい給食白衣などをのぞき、支障のないものについては(とくに私の衣類)、アイロンの変わりに、しわ伸ばしスプレーを積極的に活用しました。

・お米の炊飯と保温
お米の炊飯は、一日一回、まとめ炊きをしています。(タイマーで、朝炊きあがるようにセット)
朝食と、お弁当用にごはんを取り分けたら、残りはおひつ(セラミック製)に入れて荒熱を取り、冷蔵庫保存にしていました。

・よしずで涼しさアップ
昨年、両親世帯の部屋用に買ったよしずが、リフォームのためにサイズが合わなくなったので、譲り受け、今夏、私達の部屋の前に立てかけてみました。
設置前と設置後では、涼しさが歴然。
建物の外側から日差しをさえぎってくれるので、窓が暑くなりません。よしず→網戸→室内の流れで入ってくる風の流れも、よしずがなかった頃と比べて、随分涼しく感じられました。

・扇風機の置き場所に注意
扇風機は、本体背面の空気を吸い込んでから風にして送り出す特性があるため、扇風機を置く位置は、本体背面が温度の高い窓辺などではなく、日の差し込まない涼しいところを背にして置くよう気を付けました。

・エアコン+扇風機(シーリングファン)
エアコンを単体でつけるよりも、扇風機と併用することで、短時間で部屋全体が涼しくなり、エアコンの設定温度を必要以上に下げる必要もありませんでした。うちでは、リビング吹き抜けにシーリングファン(天井用ファン)を取り付けてあるので、シーリングファンを併用することによって、吹き抜けを介した1階&2階が広範囲で涼しくなりました。(併用しないと、部分的にしか涼しくなりませんでした) 暖房(薪ストーブ)シーズンにもシーリングファンを併用します。

・冷却スカーフで体温を下げる
いかに、冷房に全てを頼らずに、体温を下げるかもテーマでしたので、首に巻く冷却スカーフーを利用しました。
水を含ませて使うタイプが使いやすかったです。

・電気調理機器の調理時間、回数を減らす
我が家の調理は、IHとオーブンがメインのため、電気を使う調理の、時間と回数を減らすよう努めました。
積極的に、「一度の調理でまとめ作り」をするようにしました。(例:オーブン調理1回で、鶏の照り焼きと、ハーブチキンをまとめ焼き)

・昼の調理は、昼11時台、13時台よりも、12時台に
昼12時台は、11時台&13時台よりも(全体の)電力使用量が下がるので、IH、オーブン、トースター、レンジなどを使用する際は、12時を過ぎてから、を意識しました。

・エアコンのフィルター掃除が節電に
エアコンのフィルターが汚れてしまうと、必要以上に電力を必要としてしまうので、2週間に1回のペースで掃除するのが、節電のポイントとなるようです。
今年、エアコンを新調したので、イニシャルコスト(初期投資費用)は少々高くなりましたが、自動的にフィルター掃除をしてくれるタイプを選びました。

・エアコンの室外機周りにも注意
室外機は直接日光が当たらないように、よしずで日陰を作りました。また、室外機の周辺に物を置かず、放電しやすい環境を意識しました。

・洗濯は夜に
電力需要が多くなるのが9時〜20時。もともとは、翌日の家事をスムーズに回すための措置だったのですが、結果的には、需要の多い時間帯を避けた節電に繋がりました。

以上の他、季節を問わず実践できる節電なども、サイトにて掲載していますので、合わせてご覧いただければと思います。
節約倶楽部

■関連ページ
節電 照明をLEDに切り替える
夏・冬の節電
▼ 応援ポチっが更新の励みになります(o^∇^o)ノ
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

■メインサイト節約倶楽部はこちら■

at しのっち, 節約術, 23:40

節約倶楽部に戻る, 節約・節約術人気ランキング , 節約・貯蓄ブログランキング , comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://setuyakubiyori.setuyakuclub.itigo.jp/trackback/109