<< 安い・栄養・ボリューム満点おからドーナツレシピ | main | 買わずにキッチンタイマーあれこれ >>

節電 照明をLEDに切り替える

今、節電は大きなテーマ。

我が家も、昨年から、家の中の照明を少しずつLEDに切り替えています。
電球型蛍光ランプもまた、一般的な白熱電球と比べると消費電力は少ないのですが、それよりさらに消費電力が少ないLEDへの切り替えです。

以前から、つける時間が長い部屋の電球は電球型蛍光ランプを使っていたのですが、2年前、家を新築する際に標準でついてきた白熱電球等をそのまま使っていた個所もありました。

・洗面所36wの白熱電球使用(使い始めてから1年5ヶ月で切れる)
 → 6wのLEDへ(寿命40000時間、購入価格1280円)

・リビングブラケット 54wの白熱電球使用
 → 4.3wのトップバリュE17口金コンパクトサイズへ(購入価格1780円)

・ダイニングの照明 ×3照明 
Panasonicパルックボールスパイラル定格消費電力22w(定格寿命6000時間)使用。1年半で切れる
 → topvaluのLED電球4.9wに付け替える。(定格消費電力4.9w、定格寿命40000時間、購入価格980円)


LED電球は、消費電力が少ないことのほかに、長寿命、瞬時に点灯、割れにくい、虫が寄りにくいという点が魅力です。
ただ、一般的なLEDだと配光角度(光が広がる角度)が狭く(約120度)、上部が以前より暗い、全体的に暗くなったと感じるところはあります。とくに、書きものやパソコンなどの作業をするダイニングでそれを感じます。
今回は、価格が安く導入しやすいPB商品(プライベートブランド)から取り入れてみたのですが、300度程の広角配光のLEDもあるようなので、使用する場所・目的に応じて、LEDの種類も使い分けたいと思います。


LED購入時のまとめ

・とくに明るさを重視したい部屋→広角配光のLED
・トイレ・洗面所・通路やサブ照明→手ごろな価格のLED
・LED購入時は、照明の口金を事前にチェック
・カバーで覆う照明は、密閉器具対応モデルを選ぶ


▲人気の約300度配光の全方向に明るい電球、口金はE26。密閉器具に使えるモデル



▲人感センサーを内蔵したE26型LED電球。こちらも人気の商品

■関連ページ
我が家の夏の節電2011【まとめ】
電気代節約 夏・冬の節電
光熱費の節約 照明の節電
 
▼ 応援ポチっが更新の励みになります(o^∇^o)ノ
 にほんブログ村 その他生活ブログ 節約・節約術へ

■メインサイト節約倶楽部はこちら■

at しのっち, 節約術, 22:44

節約倶楽部に戻る, 節約・節約術人気ランキング , 節約・貯蓄ブログランキング , comments(0), trackbacks(0), pookmark

comment









trackback
url:http://setuyakubiyori.setuyakuclub.itigo.jp/trackback/138